GEとは

GE(グローバルエンデバーズ)

「真のグローバル教育」の実現を目指す
GE(グローバルエンデバーズ)

【写真1】【写真2】【写真3】

本校は創立以来、社会のため、国家のため、人類のために役立ち世界平和に貢献できる人間の育成を建学の精神として、多くの逸材を世に輩出してまいりましたが、2014年、創立50周年を迎えるにあたり、更に質の高い私学教育を目指し学校改革に取り組みました。改革の3本柱は校舎の大規模改修、カリキュラムの改定、そして明法グローバルエンデバーズ(以下明法GE)の設立です。グローバル教育の重要性が叫ばれて久しく、言葉としてすっかり定着しておりますが、実際はどうでしょう。東大、京大をはじめとする日本を代表する大学の世界ランキングが下がり、海外大学に留学する日本人学生もその数を減らしています。本校ではこのような現況に立ち、今後も激動していくであろう国際社会を見据え「真のグローバル教育」の実現を目指すべく明法GEを設立いたしました。明法GEでは中高一貫校で過ごす6年後にゴールを置かず、大学には明確なビジョンを持って進学、入学後も将来に向かい成長を続け、10年後の22歳には社会の即戦力となることを目指します。それぞれの分野の一線で活躍される講師陣と、良質のコンテンツを誇る「GE講座」を核とした科学による人間教育は、2020年以降大きく変わる大学入試制度への対応はもちろん、「グローバルとは価値観の違う世界の人と協働すること」をコンセプトとして、これからの日本のグローバル教育をリードします。

GE(グローバルエンデバーズ)の意味 Global Endeavors

G英語が話せることがグローバル教育ではありません。明法GEで学ぶ子どもたちが相手をするのは、多種多様な価値観を持った人たちです。
明法GEでは、グローバル教育の定義を、「英語が話せること」ではなく、「価値観や文化の違う者と、協働できる人間をつくること」と考えています。 そのうえでリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指します。

E10年前には考えもしなかった分野が成長し、トップだった企業が無くなってしまう。企業は、あらゆる分野で絶えず新しい挑戦を強いられています。
エンデバーズとは、客観的なものの見方、論理的な思考、問題解決力などの科学的な実践力を武器として、新しい時代に挑戦し、未来を開拓し続けることを意味しています。

科学的な思考や方法は、文系・理系の枠を超えたものです。

今の社会では、科学的な思考や方法が文系・理系の枠を越え、自然科学から人文科学まであらゆるもののベースとなっています。
例えば、経済や教育、スポーツ、医療、料理などさまざまなところで科学的思考や方法が使われています。 明法GEは、科学のみを教えるものでも、科学者を育てる教育でもありません。科学的な知識や経験をあらゆる分野に生かせる力を身につける教育です。

明法GEの科学教育