GE特別講座

GE特別講座(特別講師による講座例)

01ディベート西部 直樹氏

【写真】ディベート 与えられた論題に対して、直前に肯定側か否定側かが決まるディベートは、単に討論ではなく論法の優劣を競います。試合では対戦相手をやり込めるのではなく、いかに審判を納得させるかがポイントになります。正確な情報収集力、論理的思考力、当意即妙などGEコンセプトの多くの要素を持つディベートは、GE講座の中でも重要な位置づけになります。中学3年生から英語ディベートを取り入れ、上位大会を目指します。

ディベート②(中1)

02心臓手術体験南淵 明宏氏

【写真】心臓手術体験日本を代表する心臓外科医、南淵明宏氏(本校卒業生)による全2回の医学講座。第1回は「医者という職業について」「心臓手術について」というテーマの座学、また手術用器具と布を使って縫合の練習を行います。第2回では解説を受けながら実際に哺乳類の心臓を解剖します。最終的に人工血管や人工弁の縫合まで行います、中学生対象の心臓外科医による医学講座は全国でも実施例のない貴重な実験です。

03落語桂小文治師匠

【写真】落語 講師として第一線で活躍する落語家をお招きして、人前で一人ひとネタを披露することを目標とします。自国の文化である古典を理解すると共に、同じ噺でも場の雰囲気により微妙に変化させ、緊張と弛緩など人を引き込む話術の極意はプレゼンテーションの基本になります。また、一言半句たがわず正確に文言を記憶する力、言葉だけで聞き手を現実にはないイメージの世界に引き込む力、言葉の持つ深い意味を理解する力など、真のコミュニケーション能力を養います。

 落語講座(中1)

04ギター藤ヶ崎 元氏

【写真】ギター 目標はギターを使った英語の歌の弾き語り。カーペンターズ、ビートルズ等の名曲から一人一曲選んで発表します。音楽を使った自己表現は単純なコードで歌う1曲だけでも、コミュニケーションの重要なツールになります。また歌では英会話の発音と少し異なる「英語っぽい発音」も大切です。海外での交流会などを想定し、ギターという国際的なコミュニケーションツールを習得します。

05ペットボトルロケット三輪田 真氏

【写真】ペットボトルロケットJAXAから講師をお招きして、「国産ロケット開発と宇宙ビジネスについて」の講義を受けた後、実際にペットボトルロケットを打ち上げます。軌道を動画撮影してそこから得たデータを0.1秒ことにPCソフト上にプロットしてグラフを作成。水の量、 羽根の数、 発射角度、ポンピング(加圧)など、様々な条件の違いと軌道の関係を物理的に解析します。


 講演(JAXA)       打上げ実験

挑戦するコンテスト・コンクール(予定)

【写真】挑戦するコンテスト・コンクール(予定)
  • ・全国教室ディベート連盟 (ディベート甲子園・関東地区秋季ディベート大会)
  • ・SRC(スペースロボットコンテスト)
  • ・RCJ(ロボカップジュニア)サッカー部門 レスキュー部門
  • ・日本高校生パーラメンタリーディベート連盟杯(HPDU)
  • ・日本学生科学賞
  • ・高校生科学技術チャレンジ